ディナーショーの魅力とマナー歩き方

ディナーショーの魅力と
マナー歩き方

歌手やアーティスト、俳優、歌舞伎役者に
ものまねタレント、スポーツ選手!
果てはマスコットキャラクターに至るまで

春夏秋冬、季節を問わず一流ホテルで
開催されるディナーショーの数々!

若い人には馴染みも薄く高嶺の花と
敬遠されがちなディナーショーでしたが

某テレビ番組での特集が 話題を呼んで
火がつくや、たちまちチケット取得は激戦模様♪

そこで初心者向けにディナーショーの歩き方♪
魅力とマナーや疑問など一口メモ風にご紹介します。

ディナーショーの内容は?

そ!そうですよねっ♬

コリャマタ (^///^) ゴメン!ゴメン!

そんなそもそもの疑問から少しずつ
手始めとしてディナーショーの歩き方をご紹介!

ディナーショーを手っ取り早く説明すると
一般的にはこんな感じです。

まずは、ウエルカムドリンクに始まり
ホテルの一流シェフによる特別メニューや
フランス料理のフルコースなど、お決まりの
美味しいお食事を別室でとります。

もちろんディナーショーの
お値段にもよりますが、お酒やジュースは
フリードリンク制って感じですかね♬

ディナーのフルコースは、本来、
会話を楽しみながら食べるスタイル!

従って、お料理などは一品ずつ出てくるので
どんなに食ベ方が早い方でも
最低1時間から2時間はかかるものです。

ところが
ディナーショーのお食事時間はと言うと
なんと!なんと!わずか1時間程度が常識!

と言うのも、これには当然、理由があって
お食事後のお気に入りアーテイスト等による
ショータイムが最大の原因です。

ショータイムの開演時間は決まっているので
ごゆるりとは、言ってられないのが
ホテル側の本音・裏事情なんですね。

しかも、お食事会場からの移動時間や
小休憩を含めるとショータイムまでの
残り時間はキツキツな感じです。

早い話!テーブルマナーがどうのこうのと
気にするよりも、いかに早く食べるかが
大問題!そこは至って現実的です。

次から次と出てくるお料理を食べるだけで
精一杯の時間配分ですから遅れないように
ガンバッテ~!

さてディナーショーの本番、ショータイムですが
一般的には夜の部1回のみか昼夜の2部形式と
なっています。

お食事後、ショータイム開演前までに
ショー会場へ移動しお席につきます。

ディナーショーは、全体で2時間から2時間30分程
内訳は、ディナーが約1時間。小休憩をはさみ
ショータイムが1時間程です。

したがって
夜の部にご参加の方は事前に
お宿やホテルのお手配も大切ですね。

よくしたもので会場のホテルでは
ディナーショーへの参加者用に
『特別宿泊料金プラン』なども用意しているので
お気軽にホテルにお問い合わせしてみましょう。

ディナーショーの魅力は?

端的に言って
ディナーショーの字句どおり
シェフ渾身の特別メニューのお食事と
素敵な素敵なショータイム

お気に入りのアーテイストとの開演前や終演後の
記念撮影やオークション、ゲーム大会などなど・・・

アーティストやディナーショーのスタイル、お値段にも左右されるので期待しすぎは禁物ですが^^;

ファンミの特別版って感じかしら♪

それと女性にとっては
とてもうれしい反面、のちのち悩みの種ともなりますがおしゃれができるってことかしら♬

コンサートとの違いは?

この疑問の答えは凄く簡単!
疑問を挟む余地はありません。

チケットのお値段から参加人数や年齢層、お着物にいたるまでアーティスト以外は、雰囲気まで別物って感じです。

ディナーショーは企画や演出に依るところ大ですが
お目手当のアーティストが自分の席まで来たり
個別に握手や片言程度の会話ができるチャンスやら♪

普通ではあり得ない至近距離で憧れの人と
ふれあえる高揚感たっぷりのまさに夢世界♪

しかもコンサートでは、とても聴けない
デビュー曲やヒット曲のほか企画も盛りだくさん♬
時には芸能界裏話なども飛び出したりで・・・

コンサートとはまるで違います!

と言うより、比較するまでもない魅力の数々
それがディナーショーの不可思議な魔力です♪

論より証拠って言うでしょ!

ぜひ憧れと未知の世界をご体験ください。

日頃、お仕事などで頑張ってきた
ご自分へのご褒美としておススメです

ディナーショーマナーの
【豆知識】
ドレスコードとは?

ホテルなど格式を重んずる場所でよく目にし耳にする言葉ですが【ドレスコード】とは《服装規定》
ホテルのドレスコードは基本《フォーマル》になります。

ですが、ぶっちゃけ
他の方に不愉快な感じを与えない
感じの服装
であれば大丈夫です。

ハイ!ハイ (^_-) ナルホド~

私も素人なので、詳しい訳ではありませんが、ディナーショーの開催会場は一流ホテルの大宴会場が多く、さすがに服装にも気をつかうのが一般常識です。

まさか、サンダル履いて短パンでディナーショーへ参加する方など、さすがにいないと思いますが、ドレスコード《服装規定》などと大仰に書かれるだけで、初めての方は、いささか尻込みしたり敷居が高すぎて悩んでしまわれる方も多いのでは・・・

でも、そんなことでお悩みになることはありません

要は、TPOに合ったものならOKと言う程度のこと

【正装】でお願いします!と言ってる訳ではありませんからね(^_-♪

具体的に言えば【準礼装】です。

女性の場合、お友達の結婚式にお呼ばれしたり
二次会に出席する際、着ていく服装なら大丈夫です。

また男性の場合でしたら、ダークスーツにネクタイです。

ここで女性が意外に気にされる《パーティードレスの色》に関するトリビアをご紹介!
アンケート調査の結果では①黒系ピンク系ネイビー系などが人気のようですから、ぜひご参考にしてみてくださいね♪

それでも、まだまだご心配だとおっしゃる方は
直接、ホテルのフロントにお問い合わせしてみるのもおススメです♬

折角の楽しい思い出作り!
お気に入りのアーティストとの記念撮影を考えながらお気に入りで最高に素敵なご自分を演出できるおめかしをして、会場へは少し早めにお出かけくださいね!

でも、くれぐれも一人だけ浮いてしまうような失敗だけはしないように(^_-)

ディナーショーでも遅刻はあくまで厳禁ですよ^^;

テーブルマナーが分かりません?

洋食などのテーブルマナーがどうのこうのと
心配される方は多くいらっしゃると思いますが
全然、心配ありません。

次から次へと出てくるお料理に対してテーブル上にセットされたフォークやナイフは外側から一対ずつスプーンやフォーク、ナイフを使えばOKです。

それにテーブルマナーぐらい知ってないと恥ずかしいからなんて思っていらっしゃるのでは・・・

大丈夫です。皆さん!出されたお料理を食べることに必死でお隣さんを含め、他の方が食べてるところをジロジロ見たりしてる余裕など、とてもありませんから・・・

気にしない!気にしない(^^;)

もちろん、食べきれない時は残してしまって大丈夫!

食べ終えた合図はナイフとフォークをお皿の右端にならべるのがマナーです。

黙ってそっとおけば、ウエイターさんやウエイトレスさんが素早く「さっ」とさげてくれますよ。

万一、すぐに気がつかない場合には、余裕があれば黙って「サッ」と手をあげてみてくださいね。

さげられたかと思った次の瞬間には新しいお料理が運ばれてきますから(-_-;)・・・

忘れてはいけない大事なマナーをもうひとつ!
食事途中でお席を離れる時はどうしますか?

そうですね!お皿の上にナイフとフォークを
八の字に置くのが食事中の合図です♪

その程度の基本マナーさえ分かっていれば
心配ないさ~~ぁ!

お料理は美味しく食べるのが一番大切です♪
テーブルマナーも時代とともに大きく変わりつつあるのでご安心を!

カメラで写真撮影って大丈夫?

お気持ちはよくわかりますが・・・

アーティストの肖像権は所属芸能事務所にあるので
残念ながら、基本、ランチやディナーショーでの撮影はNGです。

もちろん、郷ひろみさんのディナーショーのように
企画として組み込まれてる場合はOK♪

郷ひろみさんの場合は、全参加者がひとりずつ郷さんとのツーショットを撮れるということもあり超人気のようですが、とにかく参加者全員なので撮影時間もさることながら、お化粧室で一人一人がしっかりお化粧直しをする用意周到さ!

もちろん、開演前にはホテル側からの注意として禁止事項の徹底もされますが・・・

そうは言っても、ファンの方のなかには生写真を撮りたくてルール違反をされる方も結構いらっしゃいますね

でも、ファンの方ならそこはマナーを守るのが筋って感じで、周囲の方への迷惑等を考慮して欲しいもの・・・

開演前の会場の雰囲気とか提供されるお料理の写真などは、全く問題ありませんから「インスタ」「ツイッター」「ブログ」などをやられている方などは、お食事そっちのけで夢中になって撮られていますよ♪

ディナーショーのチケットって高くないですか?

確かに毎年、有名人「ディナーショーチケット料金ランキング」が話題になりますね(-_-;)

ちなみに2016年度・某女性誌調査による『年末ディナーショーチケット料金ランキング』では

1位 五木ひろし
2位 中森明菜
3位 松田聖子
4位 郷ひろみ
5位 さだまさし/高橋真梨子
7位 谷村新司/由紀さおり
9位 秋川雅史/コロッケ
9位 鈴木雅之/玉置浩二
13位 加山雄三
14位 美川憲一

疑問のお値段ですが、お料理、税込みのチケット料金とは言え、お料理のお値段には大差ないと思いますが、ディナーショーとライブ・コンサートでは前述しましたが、参加者数が全く違いますよね

ホールやアリーナ、ドームとなれば参加人数は、1o,ooo人規模のツアー開催ですから一人あたりのチケット料金は当然のことお安くなります。

しかし、ディナーショーともなりますと開催会場のキャパからして1,000名以下

しかもチケット料金の大半がアーティストさんの収入として計上されるので、営業的にも実入りは比べられない程、圧倒的!

チケット料金はお高くならざるを得ないと言うのが実情てす。

それだけにお若い方にとっては、一回の参加料金でコンサート5~6回参加できる金額ですから、やはりお高いと感じ、敷居も高いと言うの本音かしら?

それだけにディナーショー大好き人間にとって、ディナーショーの魅力がもっともっと認知され広がるといいんですが・・・(-_-;)